Event is FINISHED

【無料ご招待】国際平和映像祭(UFPFF) 2019 参加者募集!(9.15 横浜開催)

Description
※満席につき申し込み中止しました。

国際平和映像祭(UFPFF)は毎年国連が定めたピースデー9月21日に合わせて横浜で開催している平和がテーマの映像の祭典。今年は、9月15日(日)JICA横浜で開催です。
当日はファイナリスト10作品の上映、審査会、アワードセレモニーを行います。オープニングはショートショート実行委員会とSDGs未来都市・横浜が製作したショートフィルム『乗り遅れた旅人』の特別上映トーク。後半には札幌国際短編映画祭2018ショーケース『Akeda アケダ-冷たい銃身』(最優秀学生監督賞)特別上映トークを行います


今年は各賞に加え、Yahoo! JAPAN CREATORS Program賞や、参加者のみなさまが投票して決定する観客賞も追加!参加者のみなさまがつながり、映像という手段を通して、"UNITED FOR PEACE"を表現できる場になればと思っています。

ピーストークでは、朝日新聞の中東報道担当として2012年~2017年の間に合計9回、約70日のシリア取材経験のある春日 芳晃さん、そして、Forbes『日本を代表する30歳未満の30人』に選出されるなど、注目の難民と社会をつなぐNPO法人WELgee代表渡部清花さんが登壇。asobot inc. 代表伊藤 剛さんモデレーターで、世界の紛争の現実、そして日本にやってくる難民の現実についてトークディスカッションを行います。スペシャルミニライブにはYANO BROTHERSが登場します!ぜひ、映像、トーク、音楽と盛りだくさんでピースを体感出来るUFPFF 2019にご来場ください。参加費は無料!特典付きチケットはご寄付相当としてご選択ください。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


【イベント概要】
開催日: 2019年9月15日(日)
実施時間:
15:00-20:00 (開場:14:30)
※終了後、会場内で20:00-21:00交流時間を設けます。
会場:JICA横浜 B1体育館 横浜市中区新港2-3-1 (アクセス https://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html )
※駐車場はございません。
参加費:無料 (一部チケットは特典付き。ご寄付相当としてご選択ください。)
 ・オーディエンスチケット(無料)
  参加&投票権
 ・メンバーチケット(2,000円)
  参加&投票権&作品DVD
 ・ゴールドメンバーチケット(5,000円)
  参加&投票権&作品DVD&オリジナルTシャツ
 ・プレミアムサポーターチケット(10,000円)
  参加&投票権&作品DVD&オリジナルTシャツ&懇親会招待&ウェブサイトにお名前掲載
 ※作品DVDとは過去受賞作品集です ※オリジナルTシャツはサイズ・色限り有り。先着でのご案内。(ホワイトグレー
 ※懇親会は、イベント終了後21時以後に別会場で開催するものです。 ※いずれのチケットも事前申込が必要です。
 ※メンバー・ゴールドメンバー・プレミアムサポーターチケットは【9/8まで】の申込限定。
 ※オーディエンスチケットは前日まで申込可能。
主催:一般社団法人 国際平和映像祭
後援:国連広報センター、JICA横浜、横浜NGOネットワーク、横浜市国際局
協賛:<シルバーパートナー> Virgin group
<ブロンズパートナー> 株式会社あなたの幸せが私の幸せ、株式会社フォーバル、ユナイテッドピープル
<個人協賛> 西隆行、鈴木智子
協力:札幌国際短編映画祭(No Maps | FILM)、(株)クリエイティヴ・リンク 、横浜コミュニティデザイン・ラボ
メディアパートナー:greenz.jp、ヨコハマ経済新聞
問い合わせ:国際平和映像祭 http://www.ufpff.com/contact

【プログラム】 総合司会:桑原りさ
・オープニングフィルム SDGs未来都市・横浜ショートフィルム『乗り遅れた旅人』上映&トーク
 トーク: 監督:古波津陽 プロデューサー:夏井 祐矢
・ファイナリスト10作品上映&監督スピーチ
・Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム ショーケース 『赦されぬ歌Trailer』上映 (関強監督)
トーク:関強監督、金川 雄策(ヤフー株式会社)
・札幌国際短編映画祭2018ショーケース 『Akeda | アケダ-冷たい銃身』上映
 トーク: 本間貴士 (札幌国際短編映画祭(Sapporo Short Fest)マネージメント・ディレクター、事務局担当)
・『希望:彼女の命を救えなかった理由』提供:赤十字国際委員会
・ピーストーク 「世界の今、日本の今」朝日新聞 春日 芳晃 x WELgee 渡部清花 x asobot inc. 代表伊藤 剛
・スペシャルミニライブ YANO BROTHERS
・国際平和映像祭2019 授賞式  

【オフィシャル審査員】
・金大偉(音楽作家、映像作家)
・高橋克三(国際平和映像祭理事)
・龍村ゆかり(地球交響曲ガイアシンフォニー プロデューサー)
・丹下紘希(映像作家)
・山崎玲子(国連UNHCR協会 事務局長特命(渉外担当) プロフィール

【出演者プロフィール】
YANO BROTHERS
日本人の父と、ガーナ人の母との間に生まれた、実の3兄弟ヴォーカルユニットYANO BROTHERS。ジャンルにとらわれない魂に響くハーモニーを、JAPAN ×AFRICA=JAFRICAN(ジャフリカン)という新しいサウンドで届けます。
長男のマイケルは元Jリーガーとしてプロサッカー選手としてのキャリアを持ち、現在は音楽プロデューサー活躍していて、AAA、2PM、twiceなどの楽曲の作詞作曲を手掛けている。次男のデイビットは20代の時にメディアの仕事をしていて、スポルトや世界ふしぎ発見、5時に夢中などに出演。30代からは長らくやっていた社会活動を本格的にやり始め、ガーナの学校建設や教育支援を柱に、現在は全国を「国際協力」「人権」「多様性」をテーマに講演活動をしている。三男のサンシローはYANO BROTHERSの活動をすると共に普段は薬剤師として勤務をしている。

春日 芳晃(かすが・よしあき)/ 朝日新聞国際報道部次長
1997年に朝日新聞入社。社会部記者、カリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズムスクール客員研究員(2006~2007年)を経て、2011年から2014年までニューヨーク特派員として国連を担当。2014年から2017年までイスタンブール支局長としてシリア内戦と中東報道を担当。2012年から2017年にかけて、計9回、約70日にわたってシリアに入り、アレッポや首都ダマスカスなどで内戦下の市民生活を取材した。2017年4月から現職。

渡部清花(わたなべ さやか) / WELgee代表
難民と社会をつなぐNPO法人WELgee代表。経験・スキルを活かした難民の若者たちの就労事業に取り組む。様々な背景を持つ子どもたちが出入りするNPOの実家で育つ。バングラデシュの紛争地にてNGOの駐在員、国連開発計画(UNDP)のインターンとして平和構築に携わった。Forbes
30 under 30のJapanとAsia にて選出。東京大学大学院、人間の安全保障プログラム、修士課程。



【国際平和映像祭とは?】
国際平和映像祭(UNITED FOR PEACE FILM FESTIVAL, UFPFF)は平和をテーマにした映像祭です。平和を願う世界中の若者が、映像によって互いを知り、国を越えたつながりを持ってほしいという願いから2011年より毎年9月21日の国連が定めた国際平和の日、ピースデーに合わせて開催しています。UFPFFは5分以内の映像製作を通じて、世界中の若者たちが平和について考え、平和実現のために行動していくことを期待しています。また、視聴者やエントリー者たちが互いの違いや共通点を知るなど、つながるきかっけになればと願い、開催しています。
http://www.ufpff.com/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#472808 2019-09-15 05:18:29
More updates
Sun Sep 15, 2019
3:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
オーディエンス(参加&投票) FULL
メンバー(参加&投票&作品DVD) SOLD OUT ¥2,000
ゴールドメンバー(参加&投票&作品DVD&オリジナルTシャツ) SOLD OUT ¥5,000
プレミアムサポーター(参加&投票&作品DVD&オリジナルTシャツ&懇親会参加&サイトにお名前掲載) SOLD OUT ¥10,000
Venue Address
横浜市中区新港2丁目3−1 Japan
Organizer
一般社団法人 国際平和映像祭
847 Followers
Attendees
122